肺がん(肺癌)の症状と最新の治療法を解説

MENU

スポンサード リンク



肺がんについて徹底解説

肺がん,症状,治療,検査,再発

日本人の死亡原因の1位が、がん(悪性新生物)によるものであることはよく知られています。そのなかでも肺がんによる死亡者数がたいへん増加しています。

 

肺がんの大きな原因となっているのは、言うまでもなく喫煙です。現在では男性のみならず若い女性でもタバコを吸っている人が増加しています。女性にも肺がんのリスクが高くなっているといえます。

 

ただし、芸能リポーターの梨本勝さんのように、タバコを吸わなくても肺がんにかかる可能性はあります。
代表的な原因が受動喫煙(副流煙)です。本人がタバコを吸わなくても、周りに吸っている人が入れば、知らず知らずにリスクが高まってしまいます。他には、遺伝やストレスによる影響、アスベストなども関係しているといわれています。

 

肺がんの症状は咳や痰などがありますが、自覚症状がほとんどみられない場合も多く、発見が遅れがちになります。早期に発見できるケースは少ないため、治りにくいがんとも呼ばれています。さらに、がんの再発や転移も脅威になります。

 

当サイトでは、そのような肺がんに関するさまざまな最新情報を掲載しています。症状から検査法、そして手術療法、放射線治療、化学療法などの最新治療を紹介しています。

 

ご自身の健康に不安がある方や病気についてもっと知りたいという方の参考になれば幸いです。患者さんはQOL(生活の質)の向上にお役立てください。


サイトマップ

肺がんはどのような病気?

がんによる死亡者数1位の肺がん  肺がんが治りにくいがんといわれる理由  肺がんの種類と特徴  肺がんのできる場所による分類  がんの病期(ステージ)の国際的な分類法  肺がんのステージ(病期分類) 

たばこと肺がんの関係

たばこが肺がんに及ぼす影響  たばこの煙に含まれる有害/発がん物質  たばこの受動喫煙の害/主流煙と副流煙  肺がんだけではない喫煙のリスク  禁煙の効果と肺がんについて 

肺がんの症状について

肺がんの自覚症状  肺がんの2つのタイプの症状  かぜの症状との違いについて 

肺がんの検査・診断

肺がんの3種類の検査  病変の有無を調べる存在診断  肺がんの腫瘍マーカー(血液検査)  肺がんの確定診断  がんの進行度を調べる病期診断(PET検査)  PET検査に関するQ&A/よくある質問  肺がん検診に関するQ&A/よくある質問 

治療する前に知っておきたいこと

治療方針の決定と患者の意思について  小細胞肺がんの治療方針  非小細胞肺がんの治療方針 

手術療法(外科治療)

肺がんの標準根治手術  症状を緩和させるために行う手術  肺の切除後の合併症  患者の負担が少ない胸腔鏡手術 

放射線治療

放射線治療とはどのようなものか  放射線治療の流れ  放射線治療の副作用  外来治療の注意点と治療後の診察  がんの粒子線治療とは? 

化学療法(薬物療法)

がんの化学療法とは?目的と治療の条件  非小細胞肺がんの化学療法  小細胞肺がんの化学療法  分子標的薬とは?抗がん剤との違いは?  抗がん剤、分子標的薬の副作用  ゲフィチニブの特徴と副作用  血管新生阻害剤の特徴と副作用 

緩和医療・緩和ケア

肺がんの緩和医療とは  肺がんに伴う痛み(疼痛) 

相互リンク集


お問い合せ・免責事項・プライバシーポリシー


更新履歴